これまでの釣果まとめて(笑)!!!

気が付けば春ごろのブログ更新からもうすでに三か月がすぎようとしていたため、いままでの釣行の釣果をまとめてのせていこうと思います。

いつものようにOLD ABU5000Bでリーフのルアーフィッシング。


ブログ9


いつもいくポイントですが、釣れる時間帯や、時期を間違わなければ釣れます!!

一匹目
ブログ1

シロブチハタ(ハヤーミーバイ)

ブログ2

二匹目はカンモンハタ(イシミーバイ)

ブログ3


ブログ4

同じくカンモンハタ(イシミーバイ)

ブログ5

お次はイソフエフキ(クチナジ)

いずれもいい引きで楽しみました!!

ブログ7

このような魚も釣れます!!これはシロダイ(シルイユー)です。ですが、名前間違っていたらすいません。もしかしたら、ただのクチナジ(イソフエフキ)かもしれません。。。。








ブログ6

違う日に同じポイントに入りますと、釣れました!!

タックルは同じものです。

クチナジ(イソフエフキ)、ミツバモチノウオ(ヒロサー)、カンモンハタ(イシミーバイ)です。

ミツバモチノウオ(ヒロサー)ですが、おなじヒロサーでも、メガネモチノウオ(ナポレオンフィッシュ)がいてそちらは、高級魚です。
もしメガネモチノウオでこのサイズなら、即刻リリースですが、今回はミツバモチノウオでしたのでキープしました。






ブログ8

また別の日。
この日は少しポイントを変え、釣ってみましたが、釣れます(笑)

シロブチハタ(ハヤーミーバイ)二匹、クチナジ(イソフエフキ)二匹です。

わたしはそのほかのルアーマンよりもキープをよくしていますが、きっちり捌いて釣れたものは感謝して美味しくいただいております。しかもキープサイズもおおまかに計測したうえでリリースするか、食べるかをきめていますよ。リリースするサイズは若干キープサイズよりも大きめです。


今回はまとめての更新でしたが、次回からはできるだけ釣行毎に更新できるようにしたいですな~。


それでは、また。

スポンサーサイト

沖縄の春

  沖縄も短い冬が過ぎ、短い春も過ぎ本格的な夏がやってきました。先日は気温が30℃という真夏日になり、暑くなりました。

それでは、身の回りの自然や花、海の生き物などを紹介します!!!


ブログ1

ブログ4

ブログ3

IMG_0743[1]

すばらしい朝焼けが出ていたので写真に収めました。この白い可憐な花はシークヮーサー(ヒラミレモン・平実檸檬)です。

IMG_0981[1]

これは、シークヮーサー(平実檸檬・ヒラミレモン)の未熟果実です。かわいらしいですな~。本格的な結実が楽しみです。

P6220441.jpg

IMG_0802[1]

IMG_0804[1]

IMG_0747[1]

これが八重山・先島諸島(旧称 先島群島)が誇る最強な汽水域環境いわゆるマングローブです。そのなかでもマングローブ=ヒルギ属という印象をあたえた立役者、沖縄ではこのヤエヤマヒルギをあげておきたいところです。砂泥底(マッド・ボトム)なのですが、このマングローブ環境のため、人工的(水底工事)などの濁りを除いては、濁り耐性が強く、クリヤな水質に戻りやすいメリットがあります。釣り人にやさしい。まさに至れり尽くせり。マングローブ様様です。沖縄近海でマイクロ・プラスティックの魚類被害が非常に少ないのは、このマングローブの恩恵によるものという伝説さえあります!!!

ブログ2

これは、サイクリング途中に見つけたテッポウユリです。花言葉は<純潔>、<甘美>、<威厳>です。



  沖縄では、3月末に浜下り(ハマウリ)という行事があります。おもな内容は、潮干狩りや、海浜で海遊びを行うというもの。どちらかといえば、女性の祭事(ひな祭り的な)や遊び事なのですが、家族とともに行ってきました(笑)

ブログ1

ブログ5

ブログ7

ブログ6

ブログ4

ブログ8

ブログ9

ムンチャン・ウムズナー(イイダコ)、テラジャー(マガキガイ)、アカンナー(マダライトマキボラ)、スークヤー(シャコガイ)、イシギーラ(ヒメジャコウガイ)、モズク。
浜下り(ハマウリ)では行事にしてはなかなかの収穫です。全部食べられる(毒性はない)なので、とても美味しく頂きました。
浜下りが3月末でこのブログ記入日が4月末なのですが、食べた人全員ピンピンして元気いっぱいです。




ブログ3

浜下りもすまして、今年初釣りも無事に釣果に恵まれました!!!!!
初釣り(釣初め)のほうの釣果はおいおいUPしていきます。これから沖縄は、全国的にも早い梅雨入りをむかえ、長い長い夏に入ります。台風も来るでしょう。



それでは、また!!!!!









2017年お初ブログ!!!!

去年の暮れあたりから、更新の頻度がさがりぎみのウミンチュです・・・・。

釣行はなんども回数を重ねておりますが、なかなか釣果はあがっていません(笑)

それでもぼちぼち釣れてはいますよ~!!!


初日の出もバッチリ!!
ブログ9


まずは去年の暮れ頃に立ちこみ釣り(ルアー)で釣りあげたウムナガー(キツネフエフキ)

ブログ2

ブログ3

自己記録よりも少し小さい、74~73cmの良型。もちろんキープです!!www


IMG_0250[1]

やはり一品目は刺身から。旨い!!


ブログ5

刺身にすると、どうしても余る部分も、キープさせて頂いた感謝を込めてアラ煮(煮つけ風)!!



ブログ7

ブログ8

最後はフライにしてカラっと!! 家族で一匹完食!! ゲフっ!!!  内臓はブッコミ釣り(投げ釣り)の餌に化けました。



ブログ1

同じく立ちこみ釣り(ルアー)で釣りあげた、こちらはよく似ていますが、チムグチャー(ムネアカクチビ


釣り物が変わって、エギング!!

まあ、イカ曳きともいいますが・・。

アオリイカはなかなか思うようなサイズには恵まれませんが、数はそれなりに。

ブログ4

ブログ6

総菜コーナーの大きめのメンチカツか、コロッケサイズといったところでしょうか?!

こんな感じでまったりと釣りを楽しんでおります。遅ればせながら、皆さん明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。




ではまた。

夏が過ぎて

夏が終わると危険なハブが出没します。希少動物のヤシガニの姿も見られます。

年末 1



年末 2

まあまあのヤシガニです。

年末 3

きれいなアカハブです。※ハブは二匹出没して、二匹ともちゃんと駆除しましたよ。

年末 4
これは普通にいる蛇で、ガラサーと方言で呼びます。正式和名は、ガラスヒバです。


今年はムカデの出没も多かったです。いずれも駆除!!

年末 5

年末 6


今年はサキシマヒラタクワガタも大型のものを二匹確保しました。

年末 7

無題


それでは、皆さんおくればせながら、メリークリスマス!!!!


年末 8

年末 9
本格自家製シュトレン!!旨し!!!

年末 10


年末 11
これは、自家製クリスマスケーキ!! 旨し!!!!


年末 12

年末 13
例の話題のポケモンGo!! なんも危険じゃないじゃん(笑 本当) むしろダイエット出来ました!!皆さんもぜひ!!年末コスのピカチューに出会いましょう!!


では、また。

8月のルアー釣りと、イカ曳きのシーズンイン!!!

ちょうどフエフキ系のレコードフィッシュを釣る前に、沢山魚が、ウェーディングで釣れたので載せますね(笑)

8月26日ごろだったかも。

OLDタックルにて。ABU時代のアンバサダー5000Bと、7ftロッドのコンビで。



魚6

ドッピーカン!! いえいえ私いがいとこんな日も好きなんです。べた凪族ではありません。全天候型の釣り人ですが。なにか(本当)


魚1

やはりピーカンでも海水温と、潮時次第では爆釣です

ムラサメモンガラ。引き味よし。リリースww

5匹連続ムラサメww
爆釣だけどちょっとやばい。

魚2

珊瑚の際でヒットしたのは、カンモンハタ!!これも怒涛の3連発!!

魚3

シンキングペンシルのU字効果。いわゆるトラウトアングラー風に言うところの中層ドリフト。沖縄の海でも釣れます!!

トラウトアングラーなら、シンキングペンシルの代わりにシンキングミノーでもなんら変わりはありませんでした。なので、ラパラCDシリーズや、スミスD-コンタクトでもOK費用対効果も泳げば回収できるので◎ 

魚4

写真うつりの悪い、シロブチハタ。シンキングペンシルのこれも、U字効果。ジャークや、トゥイッチアクションも入れますが、10投中1回くらいでしょうか。激しいアクションにすれてますね。私は良いですが。しいて使うなら、めちゃめちゃショートのトゥイッチくらいでしょうか。動くか動かないかくらいの。もちろんリトリーブはしていますよ。私は使いますが、おすすめしません。

魚5

けっこう釣りましたが、キープするのはこれだけで十分。あとは全部リリース!!!



日付が変わりまして~本日。

9月11日午前中にイカ曳き。いわゆるエギングですかね。

今年初物頂きました。コブシメと呼ばれて沖縄ではクブシミ。いわゆるコウイカです。

釣りました!!!

クブシミ3

シマノさんが、エギングタックル出し始め頃のちょっぴり古いセフィアシリーズでwww

私、スピニングですと、ナイロンとPEの両刀使いなのです。じつは、初めてキャストしたのは、スピニングタックルからです。

ABU者の親父からもらったカーディナル33というスピニングリールでした。

クブシミ2

クブシミ(コブシメ)の新子サイズ。まだまだシーズン初期ですが。良い感じです!!これからもっと釣れ出すでしょう。

これも例によってサーフキャスティングでの釣果です。ポイントはしかし、遠浅ですwwwww(本当)

クブシミ1

コウイカ系はヤリイカ系と比べて骨がごついです。これがその骨です。これが浮力体となり奇抜な動きができるわけです。

これはきれいに洗い、標本にし、来季の釣果データに残します。





イカ族が釣れ出しました。沖縄も秋でございます。



ではまた。